本庄市の歯科、愛歯科クリニックの磁石式入れ歯のご紹介

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯とは

磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着します。歯根に「磁性金属」を取りつけ、入れ歯に「小型磁石」を埋め込みます。


歯のない方は、インプラントを埋め入れ、インプラントに磁性金属を取りつけます。金属製の入れ歯を併用することにより、さらに装着感が向上します。

磁石式入れ歯の種類

磁石式入れ歯とは、磁石の力で入れ歯をピッタリ吸着させる新しい入れ歯です。

歯根に取り付けた「磁性金属」と、入れ歯に埋め込んだ「超小型磁石」が強い力で固定でき、着脱は容易に行えます。歯のない方は、インプラント(人工歯根)と組み合わせて利用することができます。

磁石式入れ歯

部分入れ歯タイプ グラつきはじめた歯の歯根を利用して、クラスプと組み合わせた磁石式入れ歯を製作できます。
無口蓋タイプ 最後に残った数本の歯根を利用して磁石式入れ歯を製作できます。歯根で支えることで、無口蓋の顎を覆わない上顎の入れ歯を作ることができます。
磁石式インプラント
入れ歯
総入れ歯の方は、1〜4本のインプラントを埋め込むことで、磁石式入れ歯を利用することができます。磁石とインプラントの2つの高度歯科治療を組み合わせた新しい治療法です。

ページの先頭へ