本庄市の歯科、愛歯科クリニックのインプラント治療の概要、メリット、Q&Aを紹介

インプラント治療

愛歯科クリニックのインプラント

歯を失ったらインプラントをお薦めしています。
他の歯を一番長持ちさせる方法だからです。

●HAインプラント(右写真)
当院では、チタン表面にハイドロキシアパタイト(HA)をコーティングしたHAインプラントを使用しています。顎の中で積極的に骨と結合しようとする能力があり、骨の状態が悪い場合でも高い成功率があります。

歯科用CTでより的確な治療計画の実現へ

●歯科用CTによる正確な審査・診断

インプラント治療では、インプラントを埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確かつ確実に把握し、治療計画を立案する必要があります。歯科用CTでは三次元の立体画像を撮影出来ますので、より詳細なお口の情報を得られます。
撮影された画像をもとに治療計画を立てることで、安全かつ安心な治療を行うことが出来ます。

歯科用CT

インプラントとは

インプラント画像

インプラントイメージ

「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。天然歯と同様の健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。

生体に馴染みやすいインプラントをご提案

上記でもご説明した通り、当クリニックでは表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたインプラントを使用しています。顎の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料で他のインプラントシステムと比較しても、さらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響ありません。

インプラントのメリット

必要以上に他の歯を削る必要がありません。

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削り、ブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、必要以上に他の歯を削る必要がありません。

かむ力のバランスがとれます。

たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジや部分入れ歯なら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。残存歯にはとても大きな力がかかり、残存歯が失活歯(神経を抜いた歯)の場合は、破折等のリスクが高まり、歯の寿命が短くなる危険性があります。
インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれていますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。

安心して食事ができます。

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取りはずさないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

インプラントQ&A
●インプラントは、どのくらいもちますか?

インプラント自体を材質的に考えると半永久的なものです。しかし、実際に考えなければならないことは、生体との調和です。したがってその寿命は、患者さんのお口の手入れによって決まります。天然歯と同様に、手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後の口腔衛生管理はとても大切ですので、当クリニックの指導にしたがってお手入れの方法を学んでください。

●インプラントは、どんな人に適していますか?
  1. 取り外しの入れ歯が嫌いな方、または仕事その他の事情で不都合な方。
  2. 歯が抜けた所を治療するために、残っている歯を必要以上に削られたくない方。
  3. 入れ歯で、発音や発生に不便を感じている方。
  4. 義歯に不快感を抱いている方。
  5. 歯周疾患、失活歯(神経を抜いた歯)が多い方が、入れ歯・ブリッジを入れると、
    残存歯への咬合圧が大きく悪影響を及ぼすため、インプラントが適していると考えれます。
●手術は、痛くないでしょうか? どの程度時間がかかりますか?

インプラントを顎の骨に植える手術は、麻酔をしてから行いますので、痛みは心配ありません。インプラントの手術は、綿密な計画の下に行われますので、手術時間の概要については事前の診査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので、詳しくは診察時にご相談ください。

※但し、年齢、口腔状態などによっても個人差があります。

ページの先頭へ